Menu
キャノポート

キャノポート

鉄骨構造の丈夫なカーポート

ガレージ専門メーカーが作る鉄骨構造のカーポート。鉄骨+折板の頑丈な構造だからこそ実現できる空間を作れます。積雪は最大2Mまで対応。

製品の特徴

ガレージ専門メーカーが作る「ごっつい」カーポート 「ごっつい」5つの証明

一般的なアルミ製のカーポートに比べ、圧倒的な強度を誇る本格的な鉄骨構造。
こだわりの鉄骨構造によって設計されたごっつい折板カーポートです。

雪に負けない最深積雪量200cm
最深積雪量200cm(長期)対応の安心の鉄骨構造。
積雪地域にお住まいの方にも安心してご利用いただく為に、積雪100cm・150cm・200cmのラインナップをそろえております。
風に負けない耐風圧強度34m/s
基準風速34m/s(建築基準法により)に設定された頑丈設計。
近年、全国各地で猛威をふるう台風や強風に対して強さを発揮しています。
夏の強い日差しに負けない
屋根材には、耐食性・耐候性に優れたガルバリウム遮熱塗装鋼板を採用。
夏の強い日差しによる屋根下の温度上昇を抑え、車内が熱くなるのを軽減します。
更に、結露軽減材を全機種に標準装備しており、冬場の結露による水滴を軽減します。
高さ4.0m可能
頑丈な鉄骨柱構造なので高さ4.0mが可能です。
大型トラック、バス、作業車の収納や軒の高い機械の作業場としてご利用頂けます。
※4.0mは、特注設計となります。規格高さは、2.6mと3.1mです。
150㎡未満まで連棟可能
鉄骨構造だから4台用・5台用の幅広い連棟タイプに対応できます。
6代以上の間口や奥行連棟については、特注設計にて対応致します。

鉄骨構造にこだわる理由

鉄骨構造の主要部材である鋼材は、工場生産品で規格化されており、信頼でき且つすぐれた耐震材料です。
鋼材の最大の特徴は、ほかの構造材と比べて強度と剛性が大きく、しかも変形後はなかなか壊れない、いわゆる粘り(靱性)があることです。
強くて粘りがあるということは、部材が吸収できるエネルギー量が大きいことを表します。
つまり、鋼材は、耐震性に優れた構造材料なのです。

屋根
耐食性・耐候性に優れたガルバリウム遮熱塗装鋼板が強風・大雪、雨や夏の強い日差しから愛車をしっかりガードします。
さらに、結露軽減材を標準装備しているので冬場の結露を軽減します。
幅と厚みのある一般構造用角形鋼管の頑丈な柱が強風や大雪などの自然の外力にさらされる本体をしっかりと支えます。
梁に仕様されている構造用軽量H方鋼は、構造力学上経済的にもっとも有利な断面形状に圧延または加工された鋼材です。
下地塗装
H型鋼部材および溶接個所に下地塗装として使用されているジンク紛体塗装は、防塵性に優れた塗装です。
仕上げ塗装
ジンク紛体下地処理をした主要部材には、ポリエステル樹脂静電紛体塗装を施しています。耐候性にすぐれ、いつまでも美しいつやが保たれ長持ちします。
 

キャノポートがつくる大空間

鉄骨+折板 ごっつい構造だからこそ大きな空間を実現できます。
・マンションの大型駐車場や駐輪場
・公共施設のアプローチ屋根
・グラウンドの休憩スペース屋根など

キャノポートは、雪に強い

鉄骨構造+折板屋根ならではの強度で、最深積雪量、最大200cm。

最深積雪量について
キャノポートの積雪強度はタイプにより違います。
雪の重さは、雪質により大きく変化しますので、早めの雪下ろしを行ってください。
その際、絶対に水をかけないでください。雪がさらに重くなります。
【締雪】水分を含んだやや重い雪
・雪比重0.5 1cmあたり50N/㎡(5kgf/㎡)
【粗目雪】
水分を含んで凍っていて粒の大きな雪
・雪比重0.7 1cmあたり70N/㎡(7kgf/㎡)