Menu

カクイチブログ

頑丈な倉庫が結んだ40年の絆

30年後、困ったお客様を困らせない

皆さんはカクイチがどんな会社なのかご存じですか?

耳にする機会は少ないかもしれませんが、長野県出身の倉庫・ガレージの総合メーカーです。そしてお客様に喜ばれる独自の強みを持っていて、その強みがお客様のお役に立てています。

 

それはなにか…

 

 

koujiryoku
実は『工事力』なんです。

 

カクイチは、メーカーとして組立工事までお受けしてます。これは倉庫・ガレージメーカーとしては珍しく、ただ、だからこそお客様のお役に立てているんです。

 

んん??……ですよね。説明します。

 

カクイチの『広スペースハウス』は、平成28年時点で発売から37年経っています。つまり、かなり昔から使っていただいているお客様がいます。

 

もし仮に30年以上使っているお客様が、なにかお困り事やメンテナンスでどこかを頼りたくなった時、どの販売店さんから購入したのかわからなかったとします。 倉庫にはカクイチのラベルが付いています。今はインターネット社会ですから、調べることができれば、ほぼカクイチに問い合わせしますよね。

 

普通のメーカーなら、「弊社製品を取り扱っている販売店にお声掛けください。」と言われてしまいそうな場面ですが、カクイチは組立工事をする『工事力』を持っているので、そのまま修理対応をご提案できるのです。

 

こんなに心強い事無いと思いませんか?

 

購入した販売店さんに依頼するのなら心配は少ないでしょうが、世代が代わり、30年前にどこから買ったかわからない事もあるでしょう。だからと言って、まったく関係のない所に相談するのは、とても不安ですよね。

 

カクイチの製品を買ったお客様には、そんな不安な思いをさせません。 つまりカクイチは、

 

『30年後、困ったお客様を困らせない。』

 

メーカーなんです。(誇り)

 

 

 

3世代使える倉庫

そんな事が実現できるのも、カクイチの『広スペースハウス』だからこそ。パネルタイプの倉庫・ガレージとは異なる強みを持った製品だからです。

kou1

『良い塗装、丈夫な骨組。』であることはもちろん。それ以外に、私が営業時代にいつもお客様に伝えていた価値があるので、それをご紹介したいと思います。

 

それは『3世代使える倉庫』ということ。

 

先にも少し触れましたが、『広スペースハウス』は誕生して37年。 これだけ年数が経っても、建て替えの依頼はほとんどありません。商売としてはありがた迷惑ですが、大体のケースが修理対応出来てしまうのです。

 

なぜ修理対応出来るのか??それは作りがシンプルだから。

 

プレハブのガレージ・倉庫は、お求めいただきやすい価格にするため、パネル形式をとっている商品があります。カクイチで言うと『NEVOG3』がそれにあたります。

kou2

1506-カクイチ-ネボG3.ai

強度もあるし、塗装も申し分ない。そして、見た目もすっきり。

 

ですが、この強度・すっきり感を出すため、いたるところに各メーカー独自の工夫が凝らされています。工夫を凝らすと特殊な形状の部材が増え、それを繋ぐ金具は隠れるように作りこまれています。ただ、そこで問題がひとつ浮かび上がります。その特殊な形状の金具が、30年後修理対応部品として残っているのか?交換できるかどうか?

 

それに対して、カクイチの『広スペースハウス』を見てください。多少武骨とは言われますが、骨組みでがっちり強度を確保し、屋根・壁を外から張るという基本的な組立て方だからこそ、築30年経っても直せてしまうのです。

kou4 kou5

丈夫なH鋼を梁に使用しています。

kou6 kou7

パネルタイプに比べると、骨組みががっしりしているのが一目瞭然です。

 

パネルタイプが使い切りのイメージに対し、『広スペースハウス』はメンテナンスをしながら使い続けていける。この要素こそが、『代々その土地を守り、これからも孫・曾孫の代までその土地を守り続けて欲しい。』という思いのあるお客様に喜ばれている価値なのです。

 

新しい繋がり、20年×20年、倉庫×太陽光

そんなカクイチが、あるお客様と面白い繋がりが持てました。
北島様です。

04

北島様ご自慢のお庭

 

05

野菜直売所に『まち☆ベジ』の看板。北島様はクリエイティブ。

北島様は、20年ほど前にカクイチの『広スペースハウス』を購入。 なんの問題も無くお使いいただいているところに、カクイチから新しい提案が。

 

「お使いの倉庫を、より快適にしませんか?」

 

太陽光パートナーの提案です。 詳しくはこちら

 

『広スペースハウス』の屋根の上を20年間カクイチに貸し、カクイチが太陽光パネルを載せることで、倉庫としての機能が上がるという面白い提案。平成28年6月時点で、全国各地で9,757口のご契約をいただいている、カクイチだからこそできる提案なんです。

 

北島様は「うちの倉庫はもう古いから、今から乗せたら20年後なんてどうなっているかわからないよ。」と、今後のメンテナンスがしづらくなることを心配されていました。

 

そこにカクイチからのさらに新しい提案。

 

「骨組を見てください。錆も少なく、こんなにしっかりしているんだから、屋根と壁を張り替えてから載せたらどうですか?替えてしまえばまた20年安心じゃないですか。」

 

「将来の不安も減らせ、賃料を張り替えコストにあて、機能も上がって非常用電源にもなる。更に『製造して組立てたカクイチ』に貸すんだから雨漏りしたって直させればいい。こんな面白い事ないですよ!」

 

そんなやり取りの結果、北島様は喜んでパートナーになってくださいました。

 

その施工時の写真です。

  • 06
  • 07
  • 08

20年経ってもしっかり、どっしり構えています。あと10年放っておいても全く問題無さそうですね。

 

  • 09
  • 10
  • 11

今回交換したのは屋根材と壁材、使っている鋼板はもちろんSGL鋼板!(ガルバリウム鋼板の進化版)

 

 

  • 12
  • 13
  • 14

屋根・壁張り替え後。とても奇麗になり、北島様も喜ばれていました。

 

15

そして太陽光パネル設置。

 

カクイチはパネルを理想勾配に傾けません。なぜなら建物に対し負荷がかかるから。さらに、この設置方法のメリットは2重屋根になることです。そうすることで倉庫内の温度上昇を抑えることが出来ます。

 

北島様も「今までは、夏場暑すぎて野菜を置いておけなかった。それが、太陽光を載せたことで和らぎ、そこまで気を遣わなくて良くなった。本当に助かるよ。」と、こちらも嬉しくなるコメントをいただきました。

 

16

画面右にいるのが、北島様に新しい価値を提案した営業の小林。

 

不思議なもので、『工事力』と『丈夫な製品』と『太陽光パートナー』がもつそれぞれの『強み』。この3つが、20年前にお付き合いさせていただいたお客様と、新たな20年のお付き合いを生みました。

 

このように、お客様の未来までサポートしていくカクイチ。今後もお客様に喜んでいただける提案をし続きて行きたいと強く感じる出来事でした